あなたは脱サラしてなにがしたいのですか?

脱サラで大切なのは現状の認識と変革への意欲です。
そこであなたへの質問です。
「なぜ脱サラしたいのですか?」
この質問はあなたに理由を聞いているのではなく
「脱サラしてなにをしたいのいですか?」
ということを確認しているだけなのです。

給料が低くて生活が苦しい
それが脱サラの理由なら副業を観が3得ればいいだけです。
ただ、それも大変なことです。
今の仕事をこなしつつ、さらに他の仕事をこなすのですから今以上に頑張らないといけません。

脱サラへの指針
つまりコンパスは「脱サラしてなにをしたいのか?」を明確にしなければなりません。
つまり脱サラは「自分のやりたいこと」「自分のできること」
そしてそれらを社会がどう評価してくれるのか?
それを明確にしておかなければいけません。

脱サラして飲食店を経営したいのならば
休日返上で飲食店にアルバイトに行くのもいいでしょう。
そこで料理や経営のノウハウをしっかりと学びましょう。
料理の腕前を磨くなら、お客様に自分の料理を出して反応を見ましょう。

多くの方の脱サラの理由を
・会社がの評価が小さい
・給料が安い
そんな理由からの方が少なくないのですが。会社の看板を外した時のあなたの評価がどれだけのものか?
それを確認してから脱サラしても遅くはありません。

副業は客観的に自分を見直す良い方法なのです。
会社には知られずに副業をすることは
つまり会社の看板を使わずに自分の客観的な世間の評価がダイレクトに来ます。
それが脱サラどころか副業でさえも失敗する人の多さからすればあきらかでしょう。
副業は脱サラへ準備に適しています。
あなたの脱サラプランのスタート段階にぜひ副業という段階を加えてください。
まぜまら
・副業なら何度でも失敗できます
・副業ならすぐに方向転換もできます
・副業ならすぐに諦めて辞めることもできます。
ソラノメ 口コミ

あなた自身が考えているほど世の中は甘くはありません。
一人のお客様を探し当てることがどれだけ難しいことか?
一人のお客様にあなたの正しい評価をしてもらうことがどれだけ大変なことか?
まずは副業からそのあたりを実感しておくことが大事です。

脱サラで失敗してのアルバイトでも雇用保険は入れる

雇用保険は正社員だけ加入出来てパートやアルバイトは入れない?
と考えている方も多いはずではないでしょうか・
勤務先に訊いても
「そんなパートやアルバイトに雇用保険なんて入れないよ」
という回答が多いと思います

■実は条件を満たせばアルバイトでも雇用保険には加入できる
パートタイマーやアルバイトでも以下の条件を満たせば雇用保険に加入できることを知っておいて欲しい。
・1週間の所定労働時間が20時間以上ある
・1根に上雇用される見込みがある
例えアルバイトでもその仕事の給料で生活しているような人なら雇用保険に加入出来るわけです。
さらに言えば、1週間の所定労働時間が30時間以上ある人であれば「短時間労働被保険者」としてではなく、社員と同じ「一般被保険者」として取り扱われます。
ですから、これらに条件をすべて満たしている人は会社に雇用保険の加入の手続きをしてくれるよう頼むことができます。

ただ、これは頼んでみてもあっさり断られる可能性も高いです。会社にとっても負担が増えるのですからね・・・

では会社に「雇用保険に加入してくれ」とは怖くて言えなかったり、あっさり「ダメ」と断られた場合はどうしたらいいのでしょうか?
そんな場合は最後の手段で
「会社を辞めてから職安に今のことを相談しに行きます」
というとおそらく会社も身構えるでしょう。
■理論的にはアリバイとでも雇用保険に加入できるのだが・・・
ただ、やはりパートやアルバイトが肥ゆ保険に加入できるか?にはかなりハードルが高いのも現実です。
それは短時間労働被保険者として雇用保険に加入できる条件として
「労働時間、賃金、そのほかの労働条件が就業規則、雇用契約書、雇入通知書などの文書で定められている」
ということなんです。
融通の利かないお役所仕事でアルバイトと雇用主との力関係を知らない(知らないふり?ではそのことを客観的に証明することを会社と文書でかわしておけ!といことなんです。
まあ、』早い話が「それだけの労働をしていたことの証拠を出しなさい!」ということなんですね。
でも普通のアルバイトは
「そんなのありません。ただ時間給●●●円という口約束だけ」
がほとんどです。
ロレックス ボロボロ 形見

副業に役立つ自分を大きく見せる肩書戦術

今では多くの方がブログを開設しているのは当たり前で。そこから副業のチャンスにも巡り会うこともあります。
そこで、どうせブログやSNSで副業のチャンスを増やそうと思うなら自分を大きく見せることも忘れてはいけません・
どうせブログを立ち上げたなら思い切って
「〇〇協会」
「〇〇の会」
「〇〇サークル」
のように団体風の名称を用いて立ち上げてはいかがでしょうか。
そのほうが人が集まりやすく、後々何かを販売したり事業化する際にも
「〇〇協会 代表■中■郎」というよに団体主催者として活動できます。

企業と交渉する際にも、「個人」として働きかけるのと「団体の主催者」として働きかけるのとでは相手に与える印象は大きく変わります。
なぜなら、主催者に意見はたくさんのメンバーの意見として聞いてもらえるのです・
※たとえそのメンバーがあなた一人であっても・・・・

団体風の名称が人を集めやすいのは、人間には「仲間組織に加わりたい!」という帰属欲求があるからです。
別に法人化するほどのことでもありません。
サークル活動に毛が生えた程度でも十分です。
何か事を起こすにあたって、団体風の名称を用いてその主催者・コミュニティリーダーとしての立場で活動すればいいのです。
宅配型 トランクルーム 比較

■ビジネスチャンスに巡り合えるオリジナルの肩書
CEOやMBA
今ではよくわかりにくい肩書も増えてきました。
こんな風に意味のよくわからない略語やオリジナルの名称は、まずそれを説明することが「営業の第一歩」になることがあります。

■なんちゃらコンサルタントは何でも応用できる

なんちゃらコンサルタントは非常に便利な肩書つくりに役立ちます。

マーケティングコンサルタント
とか
遺産相続コンサルタント
など難しいものでなくても
わがままな末っ子の躾(しつけ)専門コンサルタン
スープカレーコンサルタント
収納片付けコンサルタント
網戸の修理専門コンサルタント
なんでもコンサルタントを付ければそれらしくなりますし、はったりも聞きます。

知名度がないからこそ少ないチャンスをものにするために肩書も重要なんです。

在宅ワークで満員電車のストレスがなくなったのはいいんだけど・・・

サラリーマンの人なら一度は脱サラについて考えたことがあるのではないでしょうか。
特に朝の満員電車に乗っているときに、そういったことを考える人が多いように思います。
朝はこれから会社で働かないといけないという重圧があるので、気分が落ち込みがちですからね。
脱サラできれば、働く時間は自分で決めることができるようになります。
用事があってもわざわざ有休をとるなんてこともなくなるわけです。
脱サラには毎日満員電車に乗らなくてもよくなるというメリットがありますが、収入は必ずしも安定するとは限りません。
自由になれる反面、全て自己責任になってしまうというデメリットもあります。
ところが、幸か不幸かコロナショックが社会に対し、在宅ワークという働き方を強く認識させるきっかけになりました。
今後、在宅ワークが一般化すればサラリーマンでありながら、満員電車に乗る必要がなくなるわけです。
一方、会社側から見ればコロナショックで売り上げが大幅に落ちた企業も珍しくありません。
売り上げ減少をなんとかするために一番コストがかかる人件費を削ってくるはずです。
そうなると、在宅ワークで働きやすくなったといってもうかうかしていられません。
いまのうちに手に職をつけておくのが得策と言えるのではないでしょうか。
今の時代、手に職を付けるならIT一択と言っても過言ではないでしょう。
たとえばプログラミングなら在庫を持つ必要が無く、パソコンとインターネット環境があればいつでもどこでも仕事ができるので効率的です。
プログラミングというものは専門知識のある一部の人にしかできない仕事というイメージがあるかもしれませんが、意外とそうでもありませんよ。
本やインターネットを駆使すれば独学でプログラミングスキルを身に付けることも不可能ではありません。
ただ、独学はものすごく時間がかかります。
最短でプログラミングスキルを身に付けたいならプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。
たとえば、コーチテックというプログラミングスクールなら最短2ヶ月でWEBアプリケーションを作成できるスキルが身に付きます。
コーチテック
コーチテックはオンライン完結型のスクールなので通学の必要がなくて効率的です。
また、現役ITエンジニアが専属コーチとしてついてくれるので、より実戦的なスキルを学ぶことができるという特徴があります。
プログラミングスキルを身に付けることができれば、副業を始めることもできるでしょう。
コロナショックはいい意味でも悪い意味でも世の中を一変させ、今後も変化は激しくなっていくはずです。
つまり、サラリーマンと言えども、安心できる社会ではなくなってくるわけです。
できるだけ早めに手に職を付けておくべきではないでしょうか。

まだ光は見えないけど明るく前向きに進んでいきたい!

新型コロナウィルスが世界中を不況のどん底におとしいれています。
自粛ムードが強まって経済はかつてないほど落ち込んでいますよね。
特に観光業をはじめ、アパレル関連や夜のお仕事系の業界は壊滅的なダメージを受けています。
逆に、新型コロナウィルスが追い風になり、特需を得ている企業も少なくありません。
通販系の企業や、オンラインを利用したサービスなどでの売り上げが跳ね上がっているようです。
こういうニュースを見ていると、サラリーマンをやめたわたしの立場からすると、「やっぱりサラリーマンが最も安定した働き方なんだろうか」と思ってしまいます。
新型コロナウィルスの影響を受けている業界は気の毒ですが、特需を受けている企業の正社員の人たちは、給料が減ることはないでしょう。
しかも、自粛ムードが広がっているので、出社することなく自宅で仕事ができるというメリットもあります。
かつてない悲惨な状況が世界中でおこっているわけですが、意外と自宅でのんびり仕事をしながら安定して収入を得られているのはサラリーマンであると言えるのではないでしょうか。
ちょっとうらやましくもありますが、脱サラして自力で生きていこうと決めたことに後悔はありません。
この先、どんな不況がおとずれても、自分で生きていける力は絶対に必要だと思っています。
そのために、毎日が試行錯誤の連続です。
仕事に役立つスキルを身に着けるための試行錯誤は当然として、それ以外のことにも目を向けて試行錯誤することも忘れてはいけません。
たとえば、仕事をする環境をスッキリときれいに保っておく習慣作りはとても大切です。
部屋が散らかり放題だと、勉強や作業に集中することができません。
前向きに取り組める環境づくりというのは意外と大切なんですよね。
環境づくり以外に、モチベーションを上げる工夫も必要です。
たとえば、身の回りをお気に入りのもので固めてモチベーションをあげるというのもおすすめです。
わたしが試してみようと思っているのは、腕時計です。
腕時計は付けない主義でしたが、好きな腕時計を身に付ければモチベーションアップにもつながるんじゃないかと思っています。
ヴェアホイの腕時計は、文字盤に天然の木材が施されたシンプルで美しいデザインです。
デンマークのブランドなので、日本で購入するには公式通販サイトを利用するしかありません。
ヴェアホイ 通販
ヴェアホイのようなおしゃれな腕時計を付けていると、勉強や作業をしている途中で時間を確認するたびにきっとモチベーションが上がるはずです。
世間は暗く、将来にもまだ光は見えませんが、毎日明るく前向きに進んでいくために、こういった創意工夫は大切ですよね。

普通の人が選択しない道を選ぶと成功が見えてくる!?

サラリーマンならだれでも一度は脱サラや副業のことを考えたことがあるのではないでしょうか。
脱サラとなると、会社に勤めているうちにしっかりとした人脈を築いていると、その後のビジネスはスムーズに進むでしょう。
でも、なかなかしっかりとした人脈を築くことなんて難しいですよね。
人脈を築かずに脱サラすると、収入は完全にゼロになります。
そんなリスクはできるだけとりたくないので、やっぱり人は副業にはしりがちです。
副業は、とりあえず本業の収入があるので、無意識のうちに「必死さ」が足りないことが多いです。
副業で稼げなかったとしてもとりあえず本業の収入があるので、くいっぱぐれがないからです。
「火事場の馬鹿力」のようなとてつもない能力は、本当に追い詰められた時にしか出すことができないからです。
そういう意味では、副業よりも脱サラのほうが成功する確率はたかいのではないでしょうか。
たしかにその分、リスクもとてつもなく大きくはなりますが。
ローリスクハイリターンというようなおいしい話は、そうそう転がっているものではありませんからね。
1つ確かなことは、「人と同じことをしていては、成功はあり得ない」ということです。
普通の人がやらないような選択をした人が、人並み以上の成功をつかみ取れるのではないでしょうか。
「人と同じこと」というと、最近、スマートウォッチが流行っているようです。
Iphoneで有名なアップル社が販売するアップルウォッチは今や世界で最も売れている腕時計なんだとか。
健康管理ができたり、スケジュールや時間管理ができたりと、確かに便利なんですよね。
今後は、昔ながらのアナログの腕時計は廃れていってしまうんでしょうか。
アップルウォッチのようなスマートウォッチは確かに便利ですが、アナログの腕時計にはアップルウォッチには無いファッション的な意味合いがあります。
スマートウォッチに比べ、アナログの腕時計には、なんともいえない美しさがありますよね。
おしゃれするには欠かせないアイテムです。
たとえば、ノードグリーンの腕時計はとてもシンプルで美しい時計です。
特にメッシュベルトのローズゴールドカラーは女性に大人気です。
公式サイト店舗ならクーポンが使えるので安い値段で手に入れることができます。
ノードグリーン 店舗

脱サラしたらすべて自己責任!健康には十分気を付けよう!

わたしは1年ほど前に、それまで勤めていた会社を辞めました。
長い間サラリーマンを続けてきましたけど、このまま続けても緩やかに下降していく人生になるだろうと思ったからです。
今までずっと考えないようにしていた「脱サラ」をするなら早いほうがいいと思いました。
そう思ってからほどなくして、上司に退職の意向を伝えました。
嫌味の一つも言われるかもと思っていましたが、意外とすんなり伝わったので良かったです。
わたしが伝えた退職理由は2つ。
まずは、「給料が安くて不満がある」、そして、「他にやりたいことができた」、この2つです。
最初、退職を伝えたとき、上司から「理由はなに?お金?」という質問がありました。
こちらが伝える前に給料の話がでたということは、会社側も給料が安いという自覚はあったんじゃないかなと思います。
こちらから言う手間が省けたので、わたしはここぞとばかりに、「はい、そうです」とはっきり答えました。
でも、これだけだとあまりにも印象が悪いですよね。
退職するときはできるだけスムーズに辞めていきたいので、相手に誤解を与えるような行動は避けたいところです。
そこで、わたしはすかさず、「それもありますが、他にやりたいことができたので、挑戦してみたいと思います。」と付け加えました。
こういえば、「給料が安すぎる!!」というストレートな印象を薄めることができます。
その後、上司から社長に伝わることとなり、ある日社長室に呼ばれて行ってみると、「退職の話を聞いたんだけど、○○さんはいくらぐらいの給料を望んでいるの?できれば歩み寄りたいと思っているんだけど。」という内容でした。
わたしの決心は固く、居残るつもりは一切なかったので、今の給料の倍近くの金額を告げました。さすがにその額は出せないと思ったのか、話はそこで終わりました。
その後、ありがたいことに送別会まで開いてもらったりと、平穏に退職の日を迎えることができました。
会社の後ろ盾がなくなった今、すべて起こることは自己責任となります。
とりあえず、何をするにも健康的に動ける体が無いと話になりません。
やらなければいけないことはいっぱいあるけれど、3食の食事はおろそかにできません。
栄養バランスのいい食事を心がけるのは大切ですが、一人だとそれもままなりません。
なにかいい方法はないかとネットで検索してみたところ、豊潤サジーという健康ドリンクを見つけました。
毎日一口飲むだけで200種類以上の栄養成分をバランスよく取り込めるのだとか。
いろいろ探せば、豊潤サジーの安い店も見つかるかもしれません。
豊潤サジー 安い
毎月のコストが少し高くなりますが、1日100円で健康が維持できるのなら、意外とアリかもしれません。
脱サラした今、この先どうなるかは全くわかりませんが、自分に自信を持てるように自立を目指して頑張ってみよう。

元気のない日本社会でこれからどうやって生きていく?

最近の日本は世界各国に比べて元気がありません。
日本ならではというものが少なくなっているからだと思います。
日本が世界に誇れるものの1つにアニメ文化があります。
これまではアニメは日本のお家芸でしたが、最近は状況が変わってきているようです。
中国が日本の技術を取り入れて、中国アニメのクオリティがものすごく高くなってきています。
日本のアニメーターの収入はかなり低いことで知られています。
にもかかわらず、アニメを一生懸命作り続けてくれています。
今まで日本のアニメ文化を支えてきたのは、アニメを作る人たちの情熱だったのかもしれません。
そこへ中国がお金にものをいわせて乗り込んできたとしたら、今後は「アニメと言えば中国」という風潮になっていくのではないでしょうか。
日本はますます元気を失ってしまいそうですね。
アニメに限らず、さまざまな分野で日本は窮地にたたされています。
こうなると、人員削減を迫られる企業も増えていくでしょう。
なるべく早い段階で脱サラに向けて動き出すことが大切なんじゃないでしょうか。
脱サラとなると、全て自己責任になるので、かなりのリスクを背負うことになります。
そのリスクには自分の健康というものも含まれています。
脱サラしたなら、仕事と収入が直結することになるので、病気で寝込んでしまうようなことになれば、その分、収入は失われてしまいます。
こんな悲劇にならないようにするためには、今のうちに健康維持の方法を知っておくことが重要です。
健康で大切なことの1つとして腸内環境があります。
腸は第2の脳と言われるほど重要な器官です。
慢性的な便秘の人は腸内環境が悪く、不健康です。
この状態は仕事のやる気を左右することになります。
もし今あなたが、仕事に対する集中力が保てなくて困っているなら、もしかしたらその原因は腸内環境にあるのかもしれません。
腸内環境を改善する方法として、野菜中心の食生活や運動習慣などがあります。
でも、毎日会社に行って忙しい毎日をおくっていると、これらを実践するのは難しいですよね。
そんな人におすすめなのが、美爽煌茶(びそうこうちゃ)です。
美爽煌茶は紅茶やコーヒーの代わりに毎日飲むだけで、お通じが良くなると評判の健康茶です。
アマゾンや楽天といった通販店舗で簡単に手に入ります。
びそうこうちゃ 店舗
お通じが来ると、体が軽くなり、仕事への集中力も高まります。
また、体が健康的になるとストレスにも強くなり、くよくよ悩んだりすることも少なくなります。
これからは会社に頼らない生活にするべく、強い意志を持って、独立に向けて動き出していきましょう!

サラリーマン経験しかない人が脱サラするのは無謀と言わざるを得ない

最近は毎日毎日、新型コロナウィルスのニュースでもちきりです。
首都圏では食料や生活用品を買い溜めする人たちがかなり増え、人々の不安が大きくなっていることが見て取れます。
わたしたちの生活だけではなく、新型コロナショックはビジネスの現場にも暗い影をおとしつつあります。
観光業や飲食業など、新型コロナによって売り上げが大幅に減っている企業も少なくありません。
サラリーマンは安定した職業ですが、所属している会社の売り上げが落ちれば、その安定性は失われます。
そう考えると、サラリーマンが安定した職業という考え方は幻想だったのではないかと思えてしまいます。
新型コロナウィルスはいつ終息するのか全く予想がつきません。
最悪、会社が人員削減を行うことだって十分考えられます。
こうなる前に、サラリーマン以外の生き方というものを考えていくことが大切です。
今までサラリーマンしかやったことがない人にとっては、これは酷な話かもしれません。
でも、手をこまねいていては何も好転しません。
時代の波にのみ込まれていくだけです。
会社から給料が出ている今のうちに、次の手を考えていく必要があります。
そうはいっても、サラリーマン以外の働き方を知らない人がいきなり脱サラするのは明らかに無謀と言わざるを得ません。
まずは、副業でプラスアルファの収入源を確保するというのが賢い選択です。
副業にはいろいろあります。
ひと昔前に比べて、現代は副業をしやすい環境が整っています。
転売やせどりといったものがその代表格ですね。
また、家にある不要なものをメルカリやヤフオクで売れば、部屋の整理もできて一石二鳥です。
もし、まとまった資金があるなら、不動産投資を始めてみるのもいいでしょう。
不動産投資と聞くと、初心者なら「ものすごく難しそう」と思ってしまいますよね。
確かに、始める前に情報を集めてたくさんの知識を得ることは大切です。
独学することもできなくはありませんが、ものすごく効率が悪いです。
初心者であればあるほど、最初はプロに教えを乞うことがとても重要です。
プロに教えを乞うなら、お金がかかることも多いですが、最近は意外とそうでもありません。
たとえば、不動産投資コンサルタントのリアネストでは初心者の人たちを対象にして無料面談を実施していて、有益な情報を提供してもらえます。
無料だからと言って強引な勧誘や、後日セールスの迷惑電話がかかってくるようなことのない優良コンサルタントです。
リアネスト 迷惑電話
このように、有益な情報であっても無料で手に入れる方法はあります。
新型コロナウィルスはいつ終息するか予想がつきません。
安定した収入があるうちに、次の収入源を確保するように動いていきましょう!

脱サラはハイリスクハイリターン!最初に取り掛かることは?

学校を卒業したら、どこかの会社に就職して社会人になる。
日本人のほとんどが経験することです。
サラリーマンというのは毎月自分の銀行口座に給料が振り込まれるので収入が安定します。
安定するという反面、サラリーマンでいるうちはそれほど給料が上がりにくいということもあります。
ひと昔前なら年功序列という日本独特の考え方が当たり前で、会社に所属していれば、年を重ねるごとにエスカレーター式に給料が上がっていっていたそうです。
また、退職金制度を設けていた企業がほとんどだったので、定年のときは多額の退職金をもらえたんだとか。
ところが今の時代、大企業を除き、年功序列や退職金制度を設けている会社はほとんどありません。
無いのが当たり前という状況になっています。
じゃあ、あるところに転職しようと思ってもなかなかそううまくはいきません。
日本の社会の中では一度レールを踏み外すと、なかなか這い上がるのは困難です。
もし這い上がるのであれば、やっぱり脱サラということになるんじゃないでしょうか。
安定的に収入を増やしていくなら副業という方法もありますが、得られるメリットはそれほど大きくないのではないでしょうか。
本気で人生を変えたいならやはり脱サラの覚悟をもつというのも1つの方法です。
実際、会社に所属することなく、インターネットを駆使して稼いでいる人はたくさんいます。
ある意味、現代社会は脱サラしやすい状況と言えるかもしれません。
脱サラをすると、すべて自己責任になるので、ハイリターンを狙える半面、ハイリスクでもあります。
リスクの1つは健康面です。
サラリーマンなら病気で寝込んでしまった時でも有給休暇などを使えば収入を確保できますが、脱サラした場合はそうはいきません。
寝込んでいる間は収入がなくなってしまうので、リスクは大きいです。
脱サラをしたら、健康も自己責任になるので、体を気遣うことはとても重要です。
健康を維持する方法の1つは食生活です。
野菜を多く摂る食生活を心がければ、健康を維持しやすくなります。
太り気味の人なら、食生活を見直すことでダイエットにもなります。
逆に痩せている人の場合、体は健康でもガリガリになって残念な見た目になってしまうかもしれません。
そうならないために、サプリメントを活用するという方法をおすすめします。
プッチェはガリガリで困っている人のためのサプリメントです。
プッチェを毎日摂取するだけで、栄養吸収能力が高まります。
値段は少し張ってしまいますが、健康と見た目をよくするためと考えれば、やってみる価値は大きいんじゃないでしょうか。
プッチェ 値段

プログラミングスキル習得は「最初の壁」が分かれ道

学校教育ではプログラミング実習が必須になりましたね。
今学校に通っている子供たちが社会人になるころ、プログラミングができるというのは当たり前になっているんでしょうか。
そうなれば理想的なんでしょうが、おそらくそううまくはいかないんじゃないでしょうか。
英語は誰でも学校で学んでいるはずですが、大人になっても英語を話せる人は圧倒的少数派です。
ほとんどの人は単語はある程度知っているけど、話すことはほとんどできないというのが実情です。
外国人に英語で道を聞かれたら、あたふたしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。
確かに英語習得に比べるとプログラミングの習得は比較的簡単です。
でも、スマホ全盛の時代、パソコンを活用する人は年々少なくなっています。
パソコンを前にするだけで拒否反応が出てしまう人も少なくないと思います。
プログラミングは一見難しそうに見えますが、実際に自分が作ったプログラムが完成したとき、「ああ、プログラムってこういうものなんだ」という基本を理解できれば、あとは興味がわいて自分からプログラミングについての情報を集めるようになります。
でも、基本を理解できない人はいつまでたっても、「プログラミングは難しい」と拒否反応を示してしまいます。
だから、プログラミングができるようになる人と、ずっとできないままの人の違いは最初の大きな壁を乗り越えられるかどうかがカギになります。
できるだけこの壁は早い段階でクリアしておくほうが、後々、楽になっていきます。
プログラミングに対する拒否反応が長ければ長いほど、習得は難しくなっていくでしょう。
今、社会人の人であっても、これからプログラミングを学ぶことは可能です。
最近ではプログラミングスクールも増えてきていますからね。
その中でもおすすめなスクールはコーチテックです。
コーチテックは普通のプログラミングスクールとは少し違っていて、専属のコーチがサポートしてくれるコーチングスタイルを採用しています。
学校の授業のようにただただ受け身になってしまうことを避けられるメリットがあります。
例えるならライザップのように「結果にコミットする」ということです。
効率化を重視し、短期間でプログラミングスキルを習得できるので、値段も比較的安めに設定されているので良心的です。
コーチテック 値段
将来に不安を感じていて、なにか手に職をつけたいと考えているなら、コーチテックはとてもおすすめなプログラミングスクールです。

稼ぐために一番大事なのはやっぱり時間?

日本の景気は正直言って良いとは言えませんよね。
フルタイムで働いているにもかかわらず、月収で15万円を切るという人も少なくありません。
「子供部屋おじさん」という言葉が生まれるのも無理からぬことなのかもしれません。
年々、出生率は低下し、高齢者の割合は高くなっています。
このように日本は人口減少傾向にあるため、今後もどんどん景気が冷え込んでいくのは誰の目にも明らかです。
そんな状況の中でも稼いでいる人はたくさんいます。
一昔前は、汗水たらして働くというのが美徳という雰囲気がありましたが、最近ではユーチューバーなど、楽しいことをやりながら稼いでいる人たちも増えてきています。
サラリーマンというのは一見安定しているように見えますが、意外とそうでもありません。
大企業に勤めていたとしても、早期退職を募集する企業も珍しくない状況になってきていますからね。
このため、サラリーマンは年々、リスクが大きくなる半面、リターンが少なくなってきている印象を受けます。
貧富の差もどんどん広がってきています。
資本主義である以上、これはある意味仕方のないことです。
こんな時代に突入したからこそ、脱サラや副業を考えているという人も多いんじゃないでしょうか。

サラリーマンは「労働力」と「時間」を会社に差し出す代わりに給料という対価を得ます。
成果主義でもない限り、毎日決められた時間に会社に行ってさえいれば、とりあえず食いっぱぐれることはありません。
1日8時間労働であれば、お昼休憩が1時間、往復の通勤時間が1時間の場合、トータルで毎日10時間を会社に捧げているわけです。
この時間が多いか少ないかは人によって意見が分かれるところでしょう。
一つ言えるのは、捧げた自分の時間はいくらお金を積んでも絶対に取り返すことはできないということです。
もし副業をする場合、残った時間でやりくりするしかありません。。
会社が終わったあとに副業するのもいいですが、本業の後なので疲れが溜まっているはずです。
副業をするなら本業をする前、つまり早朝にするのがおすすめです。
早起きをする必要がありますが、起きた後なので頭がスッキリしているからです。
反面、脱サラをする場合は、収入がゼロになる代わりに100%自分のために時間を使うことができます。
この時間を上手に使えるかどうかで、稼げる金額が大きく変わります。

時間と同時に大切なのは健康的な体です。
時間がいくらあっても、病弱で動けなければ意味がありませんからね。
健康的な体を保つためにはバランスの摂れた食事が欠かせません。
また、サプリメントを併用して効率よく栄養を体に取り込むというのも賢い方法と言えます。
「プルエル」は栄養吸収をサポートしてくれるサプリメントです。
プルエル 薬局
普通のサプリに比べて少し高額ではありますが、健康的な体を作るための投資と考えれば納得できる金額です。
脱サラか副業か、人によってそれぞれですが、時間と健康はかけがえのない財産であることを強く意識することが大切です。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !