脱サラの仕事はひとり完結型?チーム共同型?

脱サラを考える前に考えた方がよいと思うのが
脱サラ後の仕事は
・ひとり完結型か?
チーム共同作業型か?
を考えておくことが大事です。

たとえばWEB間bン系で脱サラする場合を考えてみましょう。
ライターで独立した場合、自分の思うように仕事をすることが楽しく、興味のあるテーマの専門ジャンルのプロとして活躍していくという道もあるでしょう。
一方、一緒に仕事をすることであればデザイナーやカメラマンと一緒に組んで編集業務をトータルで請け負っていく携帯もあります。
ちなみに最初はひとり完結型のライターで初めてゆくゆくはマネジメント業務へ移行する形も考えられます。

このように脱サラ御母子ごとのやり方で「ひとり完結型」でやっていくのか?「チーム共同型」でやっていくのか?
自分はどのタイプが向いているのか?
しっかりと考えておきましょう。
脱サラとは
あなたらしく働く
あなたの特性を生かす
それが最重要項目です。
予めそのあたりを明確にしておくことをおすすめします。

そして、脱サラ後の仕事が軌道に乗った時のことも予想しておきましょう。
個人でやる「ひとり完結型」ではいずれ作業量の限界がやってきます。
どんあにがんばっても1日24時間しかありあm線。
仕事が手一杯になった時に助けてくれる人がいるのか?
もしくはそのことを考えて最初から「チーム共同型」にするか?
それは脱サラ後の仕事がどれだけ受注できるのか?
その予想もしっかりと予測しておきましょう。

ただ勘違いしてはいけないのが
あなたが脱サラしたらただの人
という可能性もあることです。

今までの取引先があなたの脱サラ後も同じようについてきてくれるなんて甘い考えをしてはいけません。
なぜなら、多かれ少なかれあなたの信用は今の会社の看板や実績がある場合が多いのです。
みなさん自分の実力を過大評価する人がとても多いのです。
冷静になって自分を客観的に分析してみましょう。

ですから採捕からあまり過大な計画を立てず、まずは手堅く「ひとり完結型」でも脱サラし軌道に乗れば「チーム共同型」に移行していく。
それが一番無難な脱サラ計画かもしれあmせん。
腰痛 マットレス 治った

副業に役立つ自分を大きく見せる肩書戦術を使え

今では多くの方がブログを開設しているのは当たり前で。そこから副業のチャンスにも巡り会うこともあります。
そこで、どうせブログやSNSで副業のチャンスを増やそうと思うなら自分を大きく見せることも忘れてはいけません・
どうせブログを立ち上げたなら思い切って
「〇〇協会」
「〇〇の会」
「〇〇サークル」
のように団体風の名称を用いて立ち上げてはいかがでしょうか。
そのほうが人が集まりやすく、後々何かを販売したり事業化する際にも
「〇〇協会 代表■中■郎」というよに団体主催者として活動できます。

企業と交渉する際にも、「個人」として働きかけるのと「団体の主催者」として働きかけるのとでは相手に与える印象は大きく変わります。
なぜなら、主催者に意見はたくさんのメンバーの意見として聞いてもらえるのです・
※たとえそのメンバーがあなた一人であっても・・・・

団体風の名称が人を集めやすいのは、人間には「仲間組織に加わりたい!」という帰属欲求があるからです。
別に法人化するほどのことでもありません。
サークル活動に毛が生えた程度でも十分です。
何か事を起こすにあたって、団体風の名称を用いてその主催者・コミュニティリーダーとしての立場で活動すればいいのです。

■ビジネスチャンスに巡り合えるオリジナルの肩書
CEOやMBA
今ではよくわかりにくい肩書も増えてきました。
こんな風に意味のよくわからない略語やオリジナルの名称は、まずそれを説明することが「営業の第一歩」になることがあります。

■なんちゃらコンサルタントは何でも応用できる

なんちゃらコンサルタントは非常に便利な肩書つくりに役立ちます。

マーケティングコンサルタント
とか
遺産相続コンサルタント
など難しいものでなくても
わがままな末っ子の躾(しつけ)専門コンサルタン
スープカレーコンサルタント
収納片付けコンサルタント
網戸の修理専門コンサルタント
なんでもコンサルタントを付ければそれらしくなりますし、はったりも聞きます。
知名度がないからこそ少ないチャンスをものにするために肩書も重要なんです。
ささみサロン

お金がないのは不幸だけどお金だけで幸せにもなれない

人生の最大の目標はなんといっても幸せになることです。
幸せの定義は人それぞれなので一概には決めつけることもできません。
ですから人の数だけ幸せの形はいtがうことになります。
ある人は「家族と過ごす時間が最大の幸せを感じる」という方もいるでしょう。
「好きな趣味に没頭できる瞬間が最高の幸せ」とピう方もいるでしょう・
また
「仕事に没頭できることの生きが幸せ」という方もいるでしょう。
幸せにはいろいろな形がありますが、大事なのは「自由に幸せの形を選べる」ことこそ幸せの前提条件かもしれません。
それには「お金」が必要になってきますよね。
良い車に乗りたい!
家族と旅行にに行きたい!
仕事のスキルアップをしたい!
全てにお金が日露です。

反対にお金がなければこういった選択の自由すらなくなります。
自由に思うことの選択できないばかりか、本来であれば不本意なことでさえも、あえて選ばなければな内ことも多くなります。

お金とは幸せを実現するための基盤であり原動力でもあるのです。
もちろん「お金」=「幸せ」ということではありません。
なにも高級すし店での食事も回転すし店での食事もどちらも否定することではありません。
ただお金さえあればそれを自由に選べることが出来るだけです。
お金があればは行動範囲が広がりますし、人間の幅も広げてくれるのです。

ですからきれいごとを抜きにすれば
お金がなければ人を幸せにすることはできない
現実的にそこまで言い切れるかもしれません。

有名な話でマザーテレサ宝くじがあります。
むかし、マザーテレサはその献身的な活動が認められてローマ法王から時価で300万円ものロールスロイスを贈られました。
貧しい人を救うために活動していたマザーテレサでしたが、すぐにそれを売却はしませんでした。
マザーテレサはそれを景品にして「マザー・テレサ宝くじ」を売り出したのです。
その宝くじは瞬く間に売れ、最終的にあmざーてれさは300万絵のロールスロイスの代わりに1500万円の収益を得たそうです。
お金を増やせば人を救うことが出来る。
これがきれいごとではなく」わかっていたマザー・テレサだったのでh相・
猫 マンション 転落防止