独立志向をカミングアウトせよ

「私は将来は独立したいです」
そう周囲にカミングアウトすることも時と場合によっては有効です。
もちろんs「れにはまわりの人以上の働きぶりは当然のこととなりますけどね。

たとえば独立に向けての資格取得のための勉強があります。
「私はいま税理士の勉強をしています」
「私は今社会保険労務士の資格取得に向けて頑張っています・」
そうまわりに公言しておけば仕事が終わったらすぐに退社することもできます。
もちろんそのことで上司から疎まれたり人事評価に悪影響が出る可能性はあります。
しかし日中に全力で仕事こなして、」あとは͡͡そこs粉なkせオープンに正々堂々と振舞いましょう。
sどそうすれば
同僚や上司との付き合いの飲み会もきっぱり断れます。
土日に仕事を押し付けられることもありあm線。
もちろん、このあたりは会社や上司の考え方次第というところもあります。
会社としても「勉強することを奨励している」場合でも直属の上司が歓迎していないこともありmさう。
上司は「勉強することはいいことだ」と口では言っていても実際に業務に悪影響が出るようではきれいごとは通用しません。
自分が残業しないのであれば、それを誰かが補わなければならない現実は確かにあります。
だからこそ、勤務時間内に必死に、かつ効率的に働いて実績も上げて、その上で謙虚な気持ちでは早く退社するようにしなければなりません。

そんなに気を使うなら独立志向は隠して秘密裏にコソコソやっていった方がいいのでは?
そう考える人も多いでしょう。
しかし、将来のために勉強していることを秘密にしているメリットはあまりないように私は思うのです。
まず「口に出してしまった以上あちょには引けない」という覚悟が自分にできます。
また、周囲の協力をとリつけるにも有効です。
上司も仕事に関連する勉強なら正面切っての反対もできあm線。
今の仕事と全く関係ない分野であれば「転職するつもりか?」と疑念をもたれかねませんが、なにかしらの仕事に関する勉強ならば上司や会社も大歓迎のはずです。
自分のサインが欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です