脱サラの仕事はひとり完結型?チーム共同型?

脱サラを考える前に考えた方がよいと思うのが
脱サラ後の仕事は
・ひとり完結型か?
チーム共同作業型か?
を考えておくことが大事です。

たとえばWEB間bン系で脱サラする場合を考えてみましょう。
ライターで独立した場合、自分の思うように仕事をすることが楽しく、興味のあるテーマの専門ジャンルのプロとして活躍していくという道もあるでしょう。
一方、一緒に仕事をすることであればデザイナーやカメラマンと一緒に組んで編集業務をトータルで請け負っていく携帯もあります。
ちなみに最初はひとり完結型のライターで初めてゆくゆくはマネジメント業務へ移行する形も考えられます。

このように脱サラ御母子ごとのやり方で「ひとり完結型」でやっていくのか?「チーム共同型」でやっていくのか?
自分はどのタイプが向いているのか?
しっかりと考えておきましょう。
脱サラとは
あなたらしく働く
あなたの特性を生かす
それが最重要項目です。
予めそのあたりを明確にしておくことをおすすめします。

そして、脱サラ後の仕事が軌道に乗った時のことも予想しておきましょう。
個人でやる「ひとり完結型」ではいずれ作業量の限界がやってきます。
どんあにがんばっても1日24時間しかありあm線。
仕事が手一杯になった時に助けてくれる人がいるのか?
もしくはそのことを考えて最初から「チーム共同型」にするか?
それは脱サラ後の仕事がどれだけ受注できるのか?
その予想もしっかりと予測しておきましょう。

ただ勘違いしてはいけないのが
あなたが脱サラしたらただの人
という可能性もあることです。

今までの取引先があなたの脱サラ後も同じようについてきてくれるなんて甘い考えをしてはいけません。
なぜなら、多かれ少なかれあなたの信用は今の会社の看板や実績がある場合が多いのです。
みなさん自分の実力を過大評価する人がとても多いのです。
冷静になって自分を客観的に分析してみましょう。

ですから採捕からあまり過大な計画を立てず、まずは手堅く「ひとり完結型」でも脱サラし軌道に乗れば「チーム共同型」に移行していく。
それが一番無難な脱サラ計画かもしれあmせん。

きこえのお助け隊 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です