メイン商品はいままで脚光を浴びなかった脇役がよいかも?

マヨネーズ料理専門店がある音をご存知だろうか?
いわゆるマヨラーと呼ばれる方々には聖地巡礼のように繁盛しているらしいです。
ここでのUSPは食品ではなくマヨネーズという調味料である。
店内にはマヨネーズの「チューフキューブ」までたくいさんありそうです。
ある特定んじょ食品やある特定の地域発祥の料理に特化した飲食店はどこでもありますが、特定の調味料に特化した飲食店まではなかなかありません。
このような発想でおみせをかんがえてみるのも面白いかもしれません、」
「特定の調味料に特化したお店」というだけで差別化で着て注目を集められます。

次はペットボトルの例です。
コンビニでペットボトルのお茶を買う時に、どんな基準で選んで買いますか?
最近のペットボトルのお茶の商品が次々と新発売されています。
そこでいつものお茶に飽きてきたと感じたのなら「なにか新しいお茶はないかな?」と新商品に関心が出るかもしれません。
しかし、そこは所詮他q者商品と差別化が無zかしいのがお茶という商品です。
そんなに画期的に味や香りを換えることはできません。

そこで、ある新商品のキャッチコピーは
「カバンにスッキリのスリムボトル」
でした。
その新商品ははっきりいってバカ売れまではいきませんでしたが、その支店には驚かされました。
「お茶」ではなく「ペットボトルのサイズや形」だからです。

いわば「味の良さ」で勝負するのではなく「持ち運びのしやすさ」という売り方です。

いかがですか?

いままでかっや校を浴びてこなかった脇役的な視点を一気にメインにの視点に置き換えられるポイントを探してみませんか

他にもたくさん考えられます。
以前キリンビールが出したのは
「明治時代のビールを再現したビール」
「大正時代のビールを再現したビール」
ともはやその新商品のビールが美味しいとかまったく関係なく、「ムあk市のビールの味 興味ありませんか?」という売り方です。

ただ、あくまでもこれらはk策にすぎません。
でも、最初はそんなイレギュラーな対策を講じても知ってもらわないとスタートラインにも建てません。
相続手続き 自分で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です