やりたい仕事を引き寄せる逆マーフィーの法則

「マーフィーの法則」

マーフィーと聞けば多くの方が潜在意識の分野で有名なジョセフ・マーフィー博士のことを思い浮かべるでしょう。
しかし、今回の「マーフィーの法則」とは皮肉屋と揶揄されているマーフィー氏が書いた本です。
ここにはたくさんのジンクスが紹介されています。
例えば
「普段は見かけているのに必要な時に限ってそれがない」
そんなジンクスを面白く解説していて読んだ方も多いことでしょう。

「失敗す可能性のあると感じることは失敗する」
「いくつか持っていたコインの中で、落したコインはなぜか金額が大きいコインである」
そんな皮肉な法則を読んでいるとそんな経験などしていないのに「そうそう」「あるある」と妙にうなづいてしまうものです。

そこで今回はこの「マーフィーの法則」ならぬ「逆マーフィーの法則」です。
欲しい仕事がなかなか入ってこない・・・
そんな時にこの「逆マーフィーの法則」で物事を見てみるのです。

例えば最初の
「普段は見かけているのに、必要な時に限って見つからないことが多い」
を「逆マーフィーの法則」で考えたなら
「次の仕事で必要になるであろう物を先に捨てる」
という超過激な発想もできます。
つまり
「捨てたとたんにそれが必要になる事態がやってくる」のならば
「次の仕事でそれが必要だから、それを捨てれば次の仕事が入る」
という考え方も成立するかもしれません。

しかし、これはあくまで実践して欲しいことではありません。
本質的なのは
「不幸や災難の泥沼から抜け出すには視点を大きく変えてください」
というたとえ話なのです。
人生においては多くの際なにゃ九段が待ち構えています。
問題はそれらをどう克服するかということですが、どうしても克服できないこともあります。
そんな時は思い切って違う視点で考えてみるのです。
ある方の話は
「今回の不幸をドキュメンタリー番組にしたら何%とれるだろう?」
と問いかけたそうです。
きっと雀の涙ほどの視聴率しか取れないはずです。
そんな超低視聴率な番組にしかならな今回の不幸や災難は大したことではない!
そう自分に言い聞かせ乗り越えたそうです。
離婚 住宅ローン 妻が住む

メイン商品はいままで脚光を浴びなかった脇役がよいかも?

マヨネーズ料理専門店がある音をご存知だろうか?
いわゆるマヨラーと呼ばれる方々には聖地巡礼のように繁盛しているらしいです。
ここでのUSPは食品ではなくマヨネーズという調味料である。
店内にはマヨネーズの「チューフキューブ」までたくいさんありそうです。
ある特定んじょ食品やある特定の地域発祥の料理に特化した飲食店はどこでもありますが、特定の調味料に特化した飲食店まではなかなかありません。
このような発想でおみせをかんがえてみるのも面白いかもしれません、」
「特定の調味料に特化したお店」というだけで差別化で着て注目を集められます。

次はペットボトルの例です。
コンビニでペットボトルのお茶を買う時に、どんな基準で選んで買いますか?
最近のペットボトルのお茶の商品が次々と新発売されています。
そこでいつものお茶に飽きてきたと感じたのなら「なにか新しいお茶はないかな?」と新商品に関心が出るかもしれません。
しかし、そこは所詮他q者商品と差別化が無zかしいのがお茶という商品です。
そんなに画期的に味や香りを換えることはできません。

そこで、ある新商品のキャッチコピーは
「カバンにスッキリのスリムボトル」
でした。
その新商品ははっきりいってバカ売れまではいきませんでしたが、その支店には驚かされました。
「お茶」ではなく「ペットボトルのサイズや形」だからです。

いわば「味の良さ」で勝負するのではなく「持ち運びのしやすさ」という売り方です。

いかがですか?

いままでかっや校を浴びてこなかった脇役的な視点を一気にメインにの視点に置き換えられるポイントを探してみませんか

他にもたくさん考えられます。
以前キリンビールが出したのは
「明治時代のビールを再現したビール」
「大正時代のビールを再現したビール」
ともはやその新商品のビールが美味しいとかまったく関係なく、「ムあk市のビールの味 興味ありませんか?」という売り方です。

ただ、あくまでもこれらはk策にすぎません。
でも、最初はそんなイレギュラーな対策を講じても知ってもらわないとスタートラインにも建てません。
相続手続き 自分で