あなたは脱サラしてなにがしたいのですか?

脱サラで大切なのは現状の認識と変革への意欲です。
そこであなたへの質問です。
「なぜ脱サラしたいのですか?」
この質問はあなたに理由を聞いているのではなく
「脱サラしてなにをしたいのいですか?」
ということを確認しているだけなのです。

給料が低くて生活が苦しい
それが脱サラの理由なら副業を観が3得ればいいだけです。
ただ、それも大変なことです。
今の仕事をこなしつつ、さらに他の仕事をこなすのですから今以上に頑張らないといけません。

脱サラへの指針
つまりコンパスは「脱サラしてなにをしたいのか?」を明確にしなければなりません。
つまり脱サラは「自分のやりたいこと」「自分のできること」
そしてそれらを社会がどう評価してくれるのか?
それを明確にしておかなければいけません。

脱サラして飲食店を経営したいのならば
休日返上で飲食店にアルバイトに行くのもいいでしょう。
そこで料理や経営のノウハウをしっかりと学びましょう。
料理の腕前を磨くなら、お客様に自分の料理を出して反応を見ましょう。

多くの方の脱サラの理由を
・会社がの評価が小さい
・給料が安い
そんな理由からの方が少なくないのですが。会社の看板を外した時のあなたの評価がどれだけのものか?
それを確認してから脱サラしても遅くはありません。

副業は客観的に自分を見直す良い方法なのです。
会社には知られずに副業をすることは
つまり会社の看板を使わずに自分の客観的な世間の評価がダイレクトに来ます。
それが脱サラどころか副業でさえも失敗する人の多さからすればあきらかでしょう。
副業は脱サラへ準備に適しています。
あなたの脱サラプランのスタート段階にぜひ副業という段階を加えてください。
まぜまら
・副業なら何度でも失敗できます
・副業ならすぐに方向転換もできます
・副業ならすぐに諦めて辞めることもできます。
ソラノメ 口コミ

あなた自身が考えているほど世の中は甘くはありません。
一人のお客様を探し当てることがどれだけ難しいことか?
一人のお客様にあなたの正しい評価をしてもらうことがどれだけ大変なことか?
まずは副業からそのあたりを実感しておくことが大事です。

脱サラで失敗してのアルバイトでも雇用保険は入れる

雇用保険は正社員だけ加入出来てパートやアルバイトは入れない?
と考えている方も多いはずではないでしょうか・
勤務先に訊いても
「そんなパートやアルバイトに雇用保険なんて入れないよ」
という回答が多いと思います

■実は条件を満たせばアルバイトでも雇用保険には加入できる
パートタイマーやアルバイトでも以下の条件を満たせば雇用保険に加入できることを知っておいて欲しい。
・1週間の所定労働時間が20時間以上ある
・1根に上雇用される見込みがある
例えアルバイトでもその仕事の給料で生活しているような人なら雇用保険に加入出来るわけです。
さらに言えば、1週間の所定労働時間が30時間以上ある人であれば「短時間労働被保険者」としてではなく、社員と同じ「一般被保険者」として取り扱われます。
ですから、これらに条件をすべて満たしている人は会社に雇用保険の加入の手続きをしてくれるよう頼むことができます。

ただ、これは頼んでみてもあっさり断られる可能性も高いです。会社にとっても負担が増えるのですからね・・・

では会社に「雇用保険に加入してくれ」とは怖くて言えなかったり、あっさり「ダメ」と断られた場合はどうしたらいいのでしょうか?
そんな場合は最後の手段で
「会社を辞めてから職安に今のことを相談しに行きます」
というとおそらく会社も身構えるでしょう。
■理論的にはアリバイとでも雇用保険に加入できるのだが・・・
ただ、やはりパートやアルバイトが肥ゆ保険に加入できるか?にはかなりハードルが高いのも現実です。
それは短時間労働被保険者として雇用保険に加入できる条件として
「労働時間、賃金、そのほかの労働条件が就業規則、雇用契約書、雇入通知書などの文書で定められている」
ということなんです。
融通の利かないお役所仕事でアルバイトと雇用主との力関係を知らない(知らないふり?ではそのことを客観的に証明することを会社と文書でかわしておけ!といことなんです。
まあ、』早い話が「それだけの労働をしていたことの証拠を出しなさい!」ということなんですね。
でも普通のアルバイトは
「そんなのありません。ただ時間給●●●円という口約束だけ」
がほとんどです。
ロレックス ボロボロ 形見