プログラミングスキル習得は「最初の壁」が分かれ道

学校教育ではプログラミング実習が必須になりましたね。
今学校に通っている子供たちが社会人になるころ、プログラミングができるというのは当たり前になっているんでしょうか。
そうなれば理想的なんでしょうが、おそらくそううまくはいかないんじゃないでしょうか。
英語は誰でも学校で学んでいるはずですが、大人になっても英語を話せる人は圧倒的少数派です。
ほとんどの人は単語はある程度知っているけど、話すことはほとんどできないというのが実情です。
外国人に英語で道を聞かれたら、あたふたしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。
確かに英語習得に比べるとプログラミングの習得は比較的簡単です。
でも、スマホ全盛の時代、パソコンを活用する人は年々少なくなっています。
パソコンを前にするだけで拒否反応が出てしまう人も少なくないと思います。
プログラミングは一見難しそうに見えますが、実際に自分が作ったプログラムが完成したとき、「ああ、プログラムってこういうものなんだ」という基本を理解できれば、あとは興味がわいて自分からプログラミングについての情報を集めるようになります。
でも、基本を理解できない人はいつまでたっても、「プログラミングは難しい」と拒否反応を示してしまいます。
だから、プログラミングができるようになる人と、ずっとできないままの人の違いは最初の大きな壁を乗り越えられるかどうかがカギになります。
できるだけこの壁は早い段階でクリアしておくほうが、後々、楽になっていきます。
プログラミングに対する拒否反応が長ければ長いほど、習得は難しくなっていくでしょう。
今、社会人の人であっても、これからプログラミングを学ぶことは可能です。
最近ではプログラミングスクールも増えてきていますからね。
その中でもおすすめなスクールはコーチテックです。
コーチテックは普通のプログラミングスクールとは少し違っていて、専属のコーチがサポートしてくれるコーチングスタイルを採用しています。
学校の授業のようにただただ受け身になってしまうことを避けられるメリットがあります。
例えるならライザップのように「結果にコミットする」ということです。
効率化を重視し、短期間でプログラミングスキルを習得できるので、値段も比較的安めに設定されているので良心的です。
コーチテック 値段
将来に不安を感じていて、なにか手に職をつけたいと考えているなら、コーチテックはとてもおすすめなプログラミングスクールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です