基準を満たせば三井住友銀行カードローンの審査は年収200万円未満でもOKです!

三井住友銀行カードローンの審査基準というものは公開されていないので、実際に審査に通った方や落ちた方の情報をもとにして推測するしかないのですが、概ね下記の通りのようです。

1.安定した収入がある
2.会社に勤めている
3.過去の返済履歴がキレイ
4.限度額を控えめにする

これらの基準はどこの銀行家カードローンでも、消費者金融でも大体同じです。特に三井住友銀行カードローンだけが厳しいということはありません。

そして、この審査基準には、収入額の制限がないことにお気づきいただけたでしょうか?実は審査基準には、年収の多い少ないは関係ないのです。

ですから、たとえ年収が200万円未満であっても、審査基準さえクリアしていれば審査に通ることができます。

カードローンというのはお金持ちだけを相手にしているわけではないのです。どちらかというと収入の少ない人の生活を助けるためにあるのですよ!  

三井住友銀行カードローンなら口座開設なしで即日キャッシングできます!

三井住友銀行カードローンの特徴は、審査時間が短いことと、銀行口座の開設が不要という点です。

たいていの銀行系カードローンは、その銀行に口座を持っていることが条件になりますが、三井住友銀行カードローンだけが異なります。

また、たいていの銀行系のカードローンは審査に数日間かかりますが、最短30分で即日審査というのも数行しかありません。

急にお金が必要になった時に、三井住友銀行カードローンというのはとても便利なのです。ですから、お薦めできるのです。  

三井住友銀行カードローンの審査基準とは?

三井住友銀行カードローンを利用するためには、まず審査に通らなければなりません。そして、審査に通るためにはどんな審査基準なのかを知っておく必要があります。

三井住友銀行カードローンの審査基準は前述したとおりで、おさらいすると下記のようになります。

1.安定した収入がある
2.会社に勤めている
3.過去の返済履歴がキレイ
4.限度額を控えめにする

この4点をクリアできれば、審査に通り、お金を借りることができるのです。

それではこれらのポイントについて詳細を説明していきましょう。  

1.安定した収入がある

まず1番目にある項目が「安定した収入がある」ということです。

前述しましたが、この項目に収入の額は関係ありません。毎月決まった額の収入があればOKなのです。ですから、たとえ年収が200万円未満であっても、月々の収入が安定していればこの基準はクリアできます。

逆に年収が3,000万円あったとしても時に収入のない月があるような人は審査には通りません。

年収の額ではなく、月々の収入が安定していることだけが必要条件なのです。  

2.会社に勤めている

次に「会社に勤めている」という項目があります。

これは、雇用形態が安定しているということになります。ですから非正規雇用の方は審査基準をクリアできません。組合に守られクビになりにくい正規雇用のサラリーマンや、倒産のない公務員などが有利になります。

これは、三井住友銀行カードローンに限らず、銀行系のカードローンであればどこでもいっしょの基準です。

また、専業主婦の方は、配偶者が正規雇用のサラリーマンであったり公務員である場合には、借入限度額を制限されますが審査に通ることは可能です。

職業による差別があるように思えますが、お金を貸す側としては、必ず返してもらわなければなりませんので、リスクを最小にするためには仕方のないjことなのです。  

3.過去の返済履歴がキレイ

3番目に「過去の返済履歴がキレイ」という項目がありますが、これは当然と言えば当然のことでしょう。借りたものを返さない人には誰もがお金を貸したくはないでしょう。

ですから、貸し倒れのリスクがある、返済事故の履歴を持っている人にはお金を貸さないように、審査で落とすのです。

この返済履歴についてですが、クレジットカードやカードローン、携帯電話の支払い、奨学金の返済などが対象になります。度重なる滞納や返済遅れを繰り返していると、信用情報に傷がつき、ブラックリストに載ってしまうことになるのです。

一度ブラックリストに名前が載ってしまうと、最低でも5年間はその情報が消えませんので、その間はいくら審査を受けても審査に落ちてしまいます。

これは、健全な営業をしている銀行系のカードローンや消費者金融ならばどこも同じです。

もし、ブラックリストに載っているのに審査に通るということは、その金融業者はヤミ金である可能性が高いので、そういったところは利用しないようにしましょう。  

4.限度額を控えめにする

最後は「限度額を控えめにする」という項目です。これは、実は消費者金融の審査の方が厳しいです。

消費者金融は金融業法という法律に則って営業をしています。一方銀行の場合は銀行法に則って営業しています。金融業法では、総量規制という項目があり、借入限度額が年収の1/3以下に制限されます。一方銀行の場合はそのような制約を受けません。

ですから、銀行系カードローンの方が限度額は高く設定できます。

ただ、いくら限度額を高く設定できるといっても、収入がないのにやみくもに高く設定できるわけではありません。やはり収入に見合った額でしか設定してもらえないのです。

ですから、審査に通ることを優先するのであれば、限度額は低く設定した方がいいでしょう。

借入限度額は、あとから増額することもできます。ですから新s名に通ることを優先してください。必要最小限の限度額を設定しましょう。  

専業主婦のあなたでも三井住友銀行カードローンならチャンスがあります

職業に関するところで若干触れさせてもらいましたが、銀行系のカードローンであれば、専業主婦でもカードローンを利用することが可能です。

配偶者が、審査基準に合致していれば、かなり少額の限度額にはなりますが、審査に通ることができます。概ね30万円程度に設定されるようですが、専業主婦であれば十分な金額だと言えるでしょう。

審査に通りにくい人の例として、非正規雇用の方を挙げていましたが、そのほかにもアルバイトやパート、フリーターなどは審査に通りにくいです。

それを考えれば、専業主婦でもお金が借りられるというのは、とてもありがたいことです。  

土日祝も審査ができるので今すぐ借りたい時に三井住友銀行カードローンはおすすめです

三井住友銀行カードローンのもう一つの特徴として、土日や祝日にも審査が受けられるという点が挙げられます。そして最短30分で審査が終わるのですから、急に現金が必要になった時には非常に便利です。万が一の時の駆け込み寺的に使うのもいいでしょう。

また、当面はお金を借りる予定が無くても、あらかじめ審査だけは受けておくという手もあります。そうすれば、いざお金が必要になった時には、ネットで申し込むだけですぐに融資が受けられます。保険としてローンカードを持っておくこともいいでしょう。

いずれにしても、困ったときに三井住友銀行カードローンはあなたを助けてくれる、心強い味方です。

三井住友銀行カードローンの詳細についてはホームページをご覧ください。

 
プロミス審査
もしもプロミスの審査に通りたいのであれば、安定収入や返済履歴だけでなく、審査を申し込むときの限度額も重要なポイントになります。

 
総量規制対象外 銀行カードローン審査
銀行カードローンは総量規制対象外なので、年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。銀行カードローンなら消費者金融とは違った審査基準で借りることができるのでおすすめですよ。