元気のない日本社会でこれからどうやって生きていく?

最近の日本は世界各国に比べて元気がありません。
日本ならではというものが少なくなっているからだと思います。
日本が世界に誇れるものの1つにアニメ文化があります。
これまではアニメは日本のお家芸でしたが、最近は状況が変わってきているようです。
中国が日本の技術を取り入れて、中国アニメのクオリティがものすごく高くなってきています。
日本のアニメーターの収入はかなり低いことで知られています。
にもかかわらず、アニメを一生懸命作り続けてくれています。
今まで日本のアニメ文化を支えてきたのは、アニメを作る人たちの情熱だったのかもしれません。
そこへ中国がお金にものをいわせて乗り込んできたとしたら、今後は「アニメと言えば中国」という風潮になっていくのではないでしょうか。
日本はますます元気を失ってしまいそうですね。
アニメに限らず、さまざまな分野で日本は窮地にたたされています。
こうなると、人員削減を迫られる企業も増えていくでしょう。
なるべく早い段階で脱サラに向けて動き出すことが大切なんじゃないでしょうか。
脱サラとなると、全て自己責任になるので、かなりのリスクを背負うことになります。
そのリスクには自分の健康というものも含まれています。
脱サラしたなら、仕事と収入が直結することになるので、病気で寝込んでしまうようなことになれば、その分、収入は失われてしまいます。
こんな悲劇にならないようにするためには、今のうちに健康維持の方法を知っておくことが重要です。
健康で大切なことの1つとして腸内環境があります。
腸は第2の脳と言われるほど重要な器官です。
慢性的な便秘の人は腸内環境が悪く、不健康です。
この状態は仕事のやる気を左右することになります。
もし今あなたが、仕事に対する集中力が保てなくて困っているなら、もしかしたらその原因は腸内環境にあるのかもしれません。
腸内環境を改善する方法として、野菜中心の食生活や運動習慣などがあります。
でも、毎日会社に行って忙しい毎日をおくっていると、これらを実践するのは難しいですよね。
そんな人におすすめなのが、美爽煌茶(びそうこうちゃ)です。
美爽煌茶は紅茶やコーヒーの代わりに毎日飲むだけで、お通じが良くなると評判の健康茶です。
アマゾンや楽天といった通販店舗で簡単に手に入ります。
びそうこうちゃ 店舗
お通じが来ると、体が軽くなり、仕事への集中力も高まります。
また、体が健康的になるとストレスにも強くなり、くよくよ悩んだりすることも少なくなります。
これからは会社に頼らない生活にするべく、強い意志を持って、独立に向けて動き出していきましょう!

サラリーマン経験しかない人が脱サラするのは無謀と言わざるを得ない

最近は毎日毎日、新型コロナウィルスのニュースでもちきりです。
首都圏では食料や生活用品を買い溜めする人たちがかなり増え、人々の不安が大きくなっていることが見て取れます。
わたしたちの生活だけではなく、新型コロナショックはビジネスの現場にも暗い影をおとしつつあります。
観光業や飲食業など、新型コロナによって売り上げが大幅に減っている企業も少なくありません。
サラリーマンは安定した職業ですが、所属している会社の売り上げが落ちれば、その安定性は失われます。
そう考えると、サラリーマンが安定した職業という考え方は幻想だったのではないかと思えてしまいます。
新型コロナウィルスはいつ終息するのか全く予想がつきません。
最悪、会社が人員削減を行うことだって十分考えられます。
こうなる前に、サラリーマン以外の生き方というものを考えていくことが大切です。
今までサラリーマンしかやったことがない人にとっては、これは酷な話かもしれません。
でも、手をこまねいていては何も好転しません。
時代の波にのみ込まれていくだけです。
会社から給料が出ている今のうちに、次の手を考えていく必要があります。
そうはいっても、サラリーマン以外の働き方を知らない人がいきなり脱サラするのは明らかに無謀と言わざるを得ません。
まずは、副業でプラスアルファの収入源を確保するというのが賢い選択です。
副業にはいろいろあります。
ひと昔前に比べて、現代は副業をしやすい環境が整っています。
転売やせどりといったものがその代表格ですね。
また、家にある不要なものをメルカリやヤフオクで売れば、部屋の整理もできて一石二鳥です。
もし、まとまった資金があるなら、不動産投資を始めてみるのもいいでしょう。
不動産投資と聞くと、初心者なら「ものすごく難しそう」と思ってしまいますよね。
確かに、始める前に情報を集めてたくさんの知識を得ることは大切です。
独学することもできなくはありませんが、ものすごく効率が悪いです。
初心者であればあるほど、最初はプロに教えを乞うことがとても重要です。
プロに教えを乞うなら、お金がかかることも多いですが、最近は意外とそうでもありません。
たとえば、不動産投資コンサルタントのリアネストでは初心者の人たちを対象にして無料面談を実施していて、有益な情報を提供してもらえます。
無料だからと言って強引な勧誘や、後日セールスの迷惑電話がかかってくるようなことのない優良コンサルタントです。
リアネスト 迷惑電話
このように、有益な情報であっても無料で手に入れる方法はあります。
新型コロナウィルスはいつ終息するか予想がつきません。
安定した収入があるうちに、次の収入源を確保するように動いていきましょう!

脱サラはハイリスクハイリターン!最初に取り掛かることは?

学校を卒業したら、どこかの会社に就職して社会人になる。
日本人のほとんどが経験することです。
サラリーマンというのは毎月自分の銀行口座に給料が振り込まれるので収入が安定します。
安定するという反面、サラリーマンでいるうちはそれほど給料が上がりにくいということもあります。
ひと昔前なら年功序列という日本独特の考え方が当たり前で、会社に所属していれば、年を重ねるごとにエスカレーター式に給料が上がっていっていたそうです。
また、退職金制度を設けていた企業がほとんどだったので、定年のときは多額の退職金をもらえたんだとか。
ところが今の時代、大企業を除き、年功序列や退職金制度を設けている会社はほとんどありません。
無いのが当たり前という状況になっています。
じゃあ、あるところに転職しようと思ってもなかなかそううまくはいきません。
日本の社会の中では一度レールを踏み外すと、なかなか這い上がるのは困難です。
もし這い上がるのであれば、やっぱり脱サラということになるんじゃないでしょうか。
安定的に収入を増やしていくなら副業という方法もありますが、得られるメリットはそれほど大きくないのではないでしょうか。
本気で人生を変えたいならやはり脱サラの覚悟をもつというのも1つの方法です。
実際、会社に所属することなく、インターネットを駆使して稼いでいる人はたくさんいます。
ある意味、現代社会は脱サラしやすい状況と言えるかもしれません。
脱サラをすると、すべて自己責任になるので、ハイリターンを狙える半面、ハイリスクでもあります。
リスクの1つは健康面です。
サラリーマンなら病気で寝込んでしまった時でも有給休暇などを使えば収入を確保できますが、脱サラした場合はそうはいきません。
寝込んでいる間は収入がなくなってしまうので、リスクは大きいです。
脱サラをしたら、健康も自己責任になるので、体を気遣うことはとても重要です。
健康を維持する方法の1つは食生活です。
野菜を多く摂る食生活を心がければ、健康を維持しやすくなります。
太り気味の人なら、食生活を見直すことでダイエットにもなります。
逆に痩せている人の場合、体は健康でもガリガリになって残念な見た目になってしまうかもしれません。
そうならないために、サプリメントを活用するという方法をおすすめします。
プッチェはガリガリで困っている人のためのサプリメントです。
プッチェを毎日摂取するだけで、栄養吸収能力が高まります。
値段は少し張ってしまいますが、健康と見た目をよくするためと考えれば、やってみる価値は大きいんじゃないでしょうか。
プッチェ 値段

プログラミングスキル習得は「最初の壁」が分かれ道

学校教育ではプログラミング実習が必須になりましたね。
今学校に通っている子供たちが社会人になるころ、プログラミングができるというのは当たり前になっているんでしょうか。
そうなれば理想的なんでしょうが、おそらくそううまくはいかないんじゃないでしょうか。
英語は誰でも学校で学んでいるはずですが、大人になっても英語を話せる人は圧倒的少数派です。
ほとんどの人は単語はある程度知っているけど、話すことはほとんどできないというのが実情です。
外国人に英語で道を聞かれたら、あたふたしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。
確かに英語習得に比べるとプログラミングの習得は比較的簡単です。
でも、スマホ全盛の時代、パソコンを活用する人は年々少なくなっています。
パソコンを前にするだけで拒否反応が出てしまう人も少なくないと思います。
プログラミングは一見難しそうに見えますが、実際に自分が作ったプログラムが完成したとき、「ああ、プログラムってこういうものなんだ」という基本を理解できれば、あとは興味がわいて自分からプログラミングについての情報を集めるようになります。
でも、基本を理解できない人はいつまでたっても、「プログラミングは難しい」と拒否反応を示してしまいます。
だから、プログラミングができるようになる人と、ずっとできないままの人の違いは最初の大きな壁を乗り越えられるかどうかがカギになります。
できるだけこの壁は早い段階でクリアしておくほうが、後々、楽になっていきます。
プログラミングに対する拒否反応が長ければ長いほど、習得は難しくなっていくでしょう。
今、社会人の人であっても、これからプログラミングを学ぶことは可能です。
最近ではプログラミングスクールも増えてきていますからね。
その中でもおすすめなスクールはコーチテックです。
コーチテックは普通のプログラミングスクールとは少し違っていて、専属のコーチがサポートしてくれるコーチングスタイルを採用しています。
学校の授業のようにただただ受け身になってしまうことを避けられるメリットがあります。
例えるならライザップのように「結果にコミットする」ということです。
効率化を重視し、短期間でプログラミングスキルを習得できるので、値段も比較的安めに設定されているので良心的です。
コーチテック 値段
将来に不安を感じていて、なにか手に職をつけたいと考えているなら、コーチテックはとてもおすすめなプログラミングスクールです。

稼ぐために一番大事なのはやっぱり時間?

日本の景気は正直言って良いとは言えませんよね。
フルタイムで働いているにもかかわらず、月収で15万円を切るという人も少なくありません。
「子供部屋おじさん」という言葉が生まれるのも無理からぬことなのかもしれません。
年々、出生率は低下し、高齢者の割合は高くなっています。
このように日本は人口減少傾向にあるため、今後もどんどん景気が冷え込んでいくのは誰の目にも明らかです。
そんな状況の中でも稼いでいる人はたくさんいます。
一昔前は、汗水たらして働くというのが美徳という雰囲気がありましたが、最近ではユーチューバーなど、楽しいことをやりながら稼いでいる人たちも増えてきています。
サラリーマンというのは一見安定しているように見えますが、意外とそうでもありません。
大企業に勤めていたとしても、早期退職を募集する企業も珍しくない状況になってきていますからね。
このため、サラリーマンは年々、リスクが大きくなる半面、リターンが少なくなってきている印象を受けます。
貧富の差もどんどん広がってきています。
資本主義である以上、これはある意味仕方のないことです。
こんな時代に突入したからこそ、脱サラや副業を考えているという人も多いんじゃないでしょうか。

サラリーマンは「労働力」と「時間」を会社に差し出す代わりに給料という対価を得ます。
成果主義でもない限り、毎日決められた時間に会社に行ってさえいれば、とりあえず食いっぱぐれることはありません。
1日8時間労働であれば、お昼休憩が1時間、往復の通勤時間が1時間の場合、トータルで毎日10時間を会社に捧げているわけです。
この時間が多いか少ないかは人によって意見が分かれるところでしょう。
一つ言えるのは、捧げた自分の時間はいくらお金を積んでも絶対に取り返すことはできないということです。
もし副業をする場合、残った時間でやりくりするしかありません。。
会社が終わったあとに副業するのもいいですが、本業の後なので疲れが溜まっているはずです。
副業をするなら本業をする前、つまり早朝にするのがおすすめです。
早起きをする必要がありますが、起きた後なので頭がスッキリしているからです。
反面、脱サラをする場合は、収入がゼロになる代わりに100%自分のために時間を使うことができます。
この時間を上手に使えるかどうかで、稼げる金額が大きく変わります。

時間と同時に大切なのは健康的な体です。
時間がいくらあっても、病弱で動けなければ意味がありませんからね。
健康的な体を保つためにはバランスの摂れた食事が欠かせません。
また、サプリメントを併用して効率よく栄養を体に取り込むというのも賢い方法と言えます。
「プルエル」は栄養吸収をサポートしてくれるサプリメントです。
プルエル 薬局
普通のサプリに比べて少し高額ではありますが、健康的な体を作るための投資と考えれば納得できる金額です。
脱サラか副業か、人によってそれぞれですが、時間と健康はかけがえのない財産であることを強く意識することが大切です。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !